第40回佐賀県青年・女性団結集会

   

2016年2月20日に、佐賀市自治労会館において、「第40回佐賀県青年・女性団結集会」が開催されました。労働大学講師の足立康次氏に、「2016春闘の情勢と課題」という演題で講演を行っていただきました。

講演では,月例賃金が十分な水準に至っていないこと、企業規模や男女での賃金格差の是正が実現していないこと等を踏まえ、2016春闘においても月例賃金にこだわり、賃上げの流れを継続するべきだと話されました。

また、共闘の輪を広げるために、「学習会を開催し、課題を明らかにすること」「生活実態の点検をし、要求書を作ること」など、運動の具体例を示していただきました。

午後からは、さまざまな職場や産別の仲間で集まり、分散会を行いました。職場や生活の中で感じている苦労や不安などについて出し合い、解決に向けて話し合いをしました。違う立場からの意見を聞く中で、自分の業務や生活について多面的、客観的にとらえる視点が持てたように思います。職場が多忙化し、日々業務に追われる現状は、労働者同士のつながりの分断に他なりません。労働者という立場で働く者の生活を守るため、今後も共に闘う仲間づくりをしていきたいと強く思いました。

 - とりくみ, 専門部