第65次教育研究佐賀県集会を開催します!

      2015/11/12

さあ、みんなで行こう!第65次教育研究佐賀県集会

教育実践でなかまと交流しよう!

20151008_04

「子どもが中心の教育」、そんな当たり前のことが安倍政権のもとで大きく歪められています。安倍政権は、国民の多くの「違憲である」「審議は十分尽くされていない」との声を無視して、9月18日未明、「平和安全整備一括法案」及び「国際平和支援法案」を参議院本会議で強行採決し成立させました。このことは、戦後70年培ってきた恒久平和主義と民主主義を根底から覆そうとするものです。

また、選挙権も18歳に引き下げられました。私たちは、「教え子を再び戦場に送らない」ために、日本を「戦争ができる国」にさせないためにも、学校での平和教育,主権者教育のとりくみを強化していく必要があります。

さらに、教科書採択問題、道徳の教科化、英語教育の抜本的充実、アクティブラーニング、ICT活用、教師インターン制度の導入などは、子どもたちのおかれている実態や、素直な夢や願いに立脚してのものではありません。彼らの教育に対する考え方は、全国学力テスト、特別な教科「道徳」、土曜授業の推進など、自分たちの偏った歴史観や世界観、国家観の押し付けという色合いが大変濃くなっています。これらの政策は、上からの教育改革であり、偏った点数学力の増長を招き、決してすべて
の子どもたちへの「豊かな学び」の保障にはつながらないことを私たちは知っています。

今年は、教育研究活動をスタートして65年の月日を数えます。この間、私たちは、子どもたちの学習や生活実態を見極め、平和・人権・環境・共生の視点で教育実践を重ねてきました。また、互いの実践をつき合わせて、交流し、よりよい授業つくりや教育環境整備を進めてきました。
職場の実践から支部教研・県教研、そして全国教研へと組織的な営みをこの64年間続けてきたわけです。そのことが私たちの財産であり、誇りでもあります。
今回の県教研でも、子どもたちが支えあい助け合う教育の実践や取り組みが、職場集会や地域懇談会で語られ、県教研で報告されることを心から期待します。

 

●日時:2015年10月10日(土)

全体会 9時30分~12時15分

分科会 13時00分~17時00分

●場所 佐賀市立開成小学校

〒849-0936 佐賀県佐賀市鍋島町大字森田35−1

●全体会基調講演

講師 屋良 朝博さん (やら ひろしさん)

演題 「米軍駐留と戦後70年」沖縄問題の真相~解決策をさぐる~

※他にDVD放映 沖縄の姿「オスプレイについて」、第21回宮城・フクシマ平和の旅、高校生平和大使活動報告(署名活動・募金活動)

 - お知らせ