教育講演会・県教研第1回推進委員会を開催します!

      2015/11/12

戦後70年の節目の年に、安倍政権は戦争のできる国づくりに向かって暴走し、「平和」を脅かしています。

経済効果といいながら、新自由主義の中で経済格差が教育格差や貧困を激化させています。「教育再生実行会議」の名のもと、道徳の教科化まで行い、子どもの人権は、軽視・無視をされています。ますます学校現場における競争・管理の強化が危惧されます。

今こそ、一人ひとりの子どもが「憲法」「子どもの権利条約」にもとづく「ゆたかな学び」につながるカリキュラムづくりにとりくんでいくことが大切だと感じています。

今教研では、第64次教研の総括(還流集会)をおこない、私たちの職場から教育実践を積み上げ、民主教育の確立を実現させるため、教育研究活動をすすめていきたいと思っています。

20150416_01_01

 

●日時

2015年5月16日(土)

受付 9時00分

開会 9時30分 閉会 12時30分

 

●場所

自治労会館1階大会議室

佐賀市駅前中央3丁目3-30

電話 0952-33-3345

●講演

「教え子を戦場に送らない学校論 ~佐賀の子どもの一言を手がかりに~」
●講師

桜井智恵子さん(大阪大谷大学教育学部教授)

●講師プロフィール

・教育学、市民社会論

・教育総研副所長「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」編集代表

・著書「子どもの声を社会へ」(岩波新書)、「市民社会の家庭教育」(信山社)

・共著「揺らぐ主体・問われる社会」(インパクト出版)など多数

 

桜井さんは、第64次全国教研特別分科会の共同研究者であり、シンポジウムのコーディネーターもされた方です。

●お問い合わせ

佐賀県教職員組合 教文部

電話 0952-31-7161

 

 - お知らせ