新年度のごあいさつ

   

////////////////////////////////////
新年度のごあいさつ
////////////////////////////////////
 2021年度が始まりました。マスク生活で、初めて会う人とは顔下半分想像しながらの日々ですが、でもやっぱり新年度は私たちを初心に返らせてくれます。今年度も、佐賀県教職員組合執行委員長として、皆さんと心合わせて前進していきたいと思います。

 日本国憲法は第10条から第40条に「国民の権利及び義務」を定めています。「基本的人権の尊重」です。組合活動を進めていると、今更ながら人権を考え尊重していく活動であることを実感します。人が幸せに生きていく上で最も大切な人権を守るために、そして実現するために組合があります。

 1学級の児童・生徒数上限や教職員定数等を決める「義務教育標準法」が改正され、随時35人以下学級になっていきます。やっと政府が重い腰をあげたのです。法の付帯決議には、教員免許更新制の縮小や廃止、小学校教員の持ち授業数軽減、負担の軽減などが書かれています。道筋が見えてきました。これまで全国の仲間とともに各級段階で署名や交渉を重ね要求し続けてきた結果です。現場からの地に着いた要求は必ず実るのです。

 たくさんの組合員の皆さんからSOS が私のところに届きます。そう、組合は「駆け込み寺」です。困ったときは頼ってください。それが組合員である権利です。そしてたくさんの喜びも届きます。一緒に喜び合いましょう。喜びが倍増し、次のエネルギーになります。

 もっともっと繋がり合える仲間を増やしながら、2021年度も一歩一歩、歩いていきましょう。

佐賀県教職員組合
執行委員長 井手美保子

 - その他