9/28青年部スタディ&フェスタを開催しました☆

   

 佐賀県教職員組合青年部では、2019年9月28日(土)に「青年部スタディ&フェスタ」を開催し、長崎の平和遺産を見て・感じて・学びました☆彡

♪『無窮洞(むきゅうどう)』
第二次世界大戦のさなか(1943年)、当時の宮村国民学校の教師と小学生たちが掘った巨大な防空壕のことです。避難中でも授業や生活ができるように教壇まで備えた教室、トイレや炊事場、食料倉庫まで設けてあり、戦時中であっても「子どもたちに教育を!」という強い思いが伝わってきました。それと同時に、安心して教育を受けることができない戦時中の状況に心が痛みました。
♪『川棚特攻殉職の碑』
川棚の特攻隊の資料館では、水上特攻艇震洋について教えていただきました。4分の1の模型も展示されており、こんな粗末な乗り物で死を覚悟して敵に向かっていくことを思うとやるせない思いになります。特攻隊の方の「この真実を直視することによって平和の道を歩もう」という言葉は一人の人間としても、教師としても忘れずにいたいです。
♪『レモンステーキ』
お昼は、佐世保名物「レモンステーキ」を食べながら、話に花を咲かせました(*^^)v
自己紹介をしたり、今の悩みを話したりと、とてもリフレッシュできた時間でした(*^_^*)
レモンステーキは、あっさりジューシーで美味しかったです☆彡
♪『くわらん館』
波佐見焼絵付け体験!
無心になって楽しみました=^_^=

楽しくて学ぶことたくさん!!
組合員でよかった(*^^)v

無窮洞(むきゅうどう)
無窮洞(むきゅうどう)
波佐見焼絵付け体験
レモンステーキ
友だち追加
佐教組の公式LINEが
出来ました☆彡
最新の情報を公開しています!

 - とりくみ, 専門部, 平和